7つのレーサムイズム


  1. 真にお客様のためになる不動産は、社会の優良資産にもなる。
    真に社会のためになる不動産は、お客様の優良資産にもなる。
  2. 過去の成功体験を捨て、未来からの逆算で考える。そうしなければ、
    社会に必要とされ、かつ資産価値を生む不動産は創れない。
  3. 紋切り型を排する。お客様×物件の数だけ理想形がある。
    1件1件オートクチュール。社内の知を結集し、理想を実現する。
  4. “面倒”を厭わず、むしろみずから“面倒”に突っ込む。
    “面倒”の先にこそ、新しい価値が生まれる。
  5. 安易なスクラップ&ビルドは、文化と社会を破壊する。
    受け継ぐべきものを受け継ぐために、全力を尽くす。
  6. 売って終わりは、お客様と街に失礼。
    中長期の価値向上に尽くしてこそ、レーサムの仕事である。
  7. お客様との信頼関係、地域・社会との信頼関係、そして社員同士の
    信頼関係。レーサムにとって、これ以上に大切なものは存在しない。

  • 「他ができるんだったらウチがやる必要はない。他ではできないことをやってこそレーサムだと思います。」

    天野孝一(不動産本部 部長)
  • 「レーサムの“面白さ”も評価していただけると嬉しいですね。競合は意識しないです。まったく違う会社なので。」

    小川美穂(マーケティング室 部長)
  • 「(改修に)よくそこまで費用をかけるね、と言われることも多いですが、「このレベルまでいく」と決めたことを実現したいと思うと、自然とそうなっています。そこは妥協しません。」

    鈴木貴之(執行役員アセットマネジメント部長)
  • 「当事者であり続け、約束したことは必ず実現する。」

    酒井克昇(マーケティング室 部長)
  • 「勉強になる、と言って買っていただけるお客様が多いですね。そういうお客様に接するたび、お会いしたのは偶然じゃないと感じます。」

    臼井徹(執行役員ラインサポート室 副室長)
  • 「自分のために何をしてくれるのか?というお客様のお気持ちに、プロとして正直に本音でおつきあいしたいと思っています。」

    片山直樹(執行役員 営業本部長)
  • 「売った後の責任感がすごく強い会社だと思います。」

    礒辺正行(不動産サポート開発室長)

※役職・部署名は2021年4月5日現在