「お客様の土地をどう有効活用するか」

から生まれたマンション。

地主にとって「土地の有効活用」は、相続対策上も大きな課題のひとつです。一般的にはハウスメーカーに委託して賃貸住宅を建設し、ご子息の代まで長期に亘って運用する方法が普及しています。

東京都府中市の地元の名士である当社のお客様A様も同様の課題をお持ちでいらっしゃいました。ハウスメーカー各社も賃貸住宅建設の提案を行う中、我々も設計会社と協同して独自の賃貸住宅建設のプランを作成し提案する機会を頂きました。

競合したハウスメーカーの提案は一般的な仕様のもので、近隣にも同様の賃貸住宅は点在していました。同じような賃貸住宅があるエリアでは、それだけ供給が多いために一定の空室(空室に伴う損失)を見込まなければならず、総戸数が少ない本物件ではハウスメーカーが提案するファミリータイプの住宅を建てると、空室による収支へのインパクトは大きくなってしまいます。またワンルームマンションを建設しても同エリアでは供給も多いため、年数の経過と共に賃料の下落も大きいことが懸念となったのです。

我々は「そのマーケットに無いコンセプト」「そのマーケットに無い間取り」「そのマーケットに無いサイズ」の賃貸住宅を目指しました。

地場の仲介業者の声は、過去・現在の事例しか語らず、その通りの最大公約数的な選択をしたのでは本案件は成功しないことを確信していたからです。これからどういう住宅を作ればうまく行くかという問いを借主である需要者らに直接ヒアリングを重ねることで答えに辿り着いたのです。

また、A様は地元の名士のため、建築においても賃貸募集においても前面に出たくないという思いがありました。我々はその思いに応えるべく、ご所有の土地に借地権を設定し、その土地を借りて建築し満室稼動にした上で、「借地権付建物」としてA様にお渡しするスキームを使用しました。一緒に建築プランは練るのですが、具体的な「建てる」「募集する」等のストレスを我々が引き受け、譲渡後は我々が引き続き建物・賃貸の管理を受託し長期的に維持管理をしていくことを提案しました。

我々が提案し建築された住宅は、分倍河原近辺のマーケットには無い間取り・仕様だった。それにも関わらず、竣工前の内覧会で満室申込。レーサムの気づきはどこにあったのか?