右側の写真・地図をクリックして、是非この視認性をご覧下さい。土地は100坪、真四角です。
我々はこういう物件を手に入れる機会を得ました。我々はその物件を購入し手を加えて今はお客様が運用し始めているのです。

世の中には早く成約させたいと広くテナント誘致を行った結果、テナント属性を考慮せず雑居ビルになって価値を下げてしまったケースも散見されます。しかしながら青山・表参道エリアはどういうエリアなのでしょうか。出来ればテナントは一定の面積がある、視認性の高く、前面道路との接点が広いビルでビジネスをしたいと考えているはずです。

街並みを真剣に考えるからこそ、物件の雰囲気をマルチテナントビルでありながらも高級感があるものに仕上げ、長期的に、本物件に相応しいテナントとお客様を引き続ける運用商品にしていくのです。

【改修工事のBefore/After(画像をクリックすると拡大します。)】