古いビルは壊すのではなく有効に活用する

東京駅至近の好立地にありながら、街自体が劣化した問屋街にある築50年のビル。通常であれば取り壊して分譲マンションを建てるところですが、リノベーションを行ない核となるクリエイターの誘致を行なったところ、それまで点で存在していたクリエイター達が集まり、彼らにとって精神的に豊かで、格好よく、お洒落なライフスタイルを実現できる場所となりました。すると、同じ価値観を持つ若いクリエイター仲間による、語り合うコミュニティが自然発生。今やクリエイター憧れの人気物件となり、空室待ちの状態が続いています。

入居者の協力により、高い稼働率と低コストの運営を実現

もしも空室が出た場合でも、コミュニティの中でその情報が共有され、紹介でクリエイター仲間が入居し、常に空室のない高い稼働率を実現しています。また、本物件は入居者にとって仲間との大切なスペースであるため、自らがビルの手入れを行っています。そのため、通常のビルの修繕やメンテナンス費用とは比べものにならない金額で運営できています。

入居者のクリエイターによるコミュニティが生まれ、築50年のビルはクリエイター憧れの人気物件に。空室が出たとしても仲間が入居するため高い稼働率を実現し、その結果、不況時にもかかわらず9%もの高利回りを実現しています。