新規採用を開始、再挑戦を始動

2011年、新規採用を再開。過去の力不足を真摯に検証し知見に変え、再び新しい挑戦を始める。

2005年から2007年にかけて不良債権市場もバブル期が存在しました。この期間、レーサムも加熱する買取り競争に参加し、少なからず資本を傷付けました。特に買い取り資金を借入に頼る中、サブプライムローン問題やリーマンショックを経て計画通り回収が進まない状況が続きました。

しかしながら、ようやくこの状況を脱する見通しがでてきました。また、縮小していた不良債権市場も、再度、拡大基調に入ろうとしています。これを機にレーサムは人材の採用を再開し、新たな体制で新しい挑戦を始めます。

Comments are closed.