日本初の不良債権取得。

1997年:日本初の不良債権取得

市況が低迷し、塩漬けとなった都心部優良不動産を再び流通・活性化させるためにはどうすればよいか? そのためには、不良債権とされる物件の流動性向上しかないとの判断から、自らが債権者となり機関投資家さえ尻込みする不良債権の担保不動産物件を購入。不良債権題解決のため、日本で初めて不良債権を買った会社となりました。

当時は、サービサー法の施行前であったため、取得に際し多くの法的制限がありましたが、ローンパーティシペーション(貸出債権に係る債権者と債務者間の権利義務関係を移転・変更せずに、原貸出債権に係る経済的利益とリスクを原債権者から参加者(ローンの購入者)に移転させる契約)を活用する事で合法的な取得を成し遂げました。

Comments are closed.