世界の若者旅行者向け『エンブレムホステル西新井』12月開設

『エンブレムホステル西新井』
2015年12月24日開設

滞在者や地元皆様の交流も図る
コミュニティホステル(東京都足立区)

東京足立区西新井駅の目の前、築29年ビジネスホテルを取得後、約4ヶ月でコミュニティ・ホステルにコンバージョン、家族や友人等とグループで世界を旅する若者(バジェットトラベラー)の好みに合わせ4人部屋を中心にゲスト数182名を収容できる日本最大級のコミュニティ型ホステル となりました。
開業4ヶ月目の2016年4月にはベッド稼働率は初めて8割を超え、その宿泊利用者の約85%は欧米系を中心とした来日外国人となっております。
現地では百数十人の外国人が常時往来するような状況となっており、地元商店街の飲食店を巡るツアーやお寿司作りや着物着付け体験会等、地元の皆様との交流も進んでおります。
(地元お祭りに参加する宿泊者の笑顔)
施設概要
名称: エンブレムホステル西新井
(Emblem Hostel Nishiarai )
開業日:  2015年12月24日
収容数:宿泊182名、飲食77名
所在地:  東京都足立区梅島3-33-6
面積:  敷地約160坪、延床約636坪
建物構造:  鉄骨鉄筋コンクリート造地上8階建
運営・管理:エンブレムジャパン株式会社
本プロジェクトは、日本社会が抱える課題解決に資する事業企画を追究してきた結果、まずインバウンド需要を長期安定収益化できる投資機会として、当社自らが事業主体として宿泊施設の運営・管理にもコミットする収益不動産の第一号案件です。
Comments are closed.