Change Maker

まだまだ外は寒い日が続いていますが、年初より「進化」をキーワードにレーサム一丸となって奮闘することで、社内もますます活気付いてきたな、熱を帯びてきたなと感じています。

さて、私のChange Makerの原稿も第三章に入りました。
第三章では2000年頃から現在までの期間に焦点を当てて記述しており、その期間はちょうど私がレーサムに新卒入社した時期にも重なるので、 より実感と反省を伴って執筆が進んでいます。また、レーサムの更なるチャレンジと拡大を目指した時期と、不動産バブル・サブプライム問題・リーマンショック・東日本大震災を乗り越えた時期と、2つの大きな変動を乗り越えた期間でもあります。この変動の中でレーサムも大きな失敗をしましたが、その過程でどんな反省をし、どんな知見を得たのか、経営的な目線からありのままに表現してみました。

リンク【Change Maker_chapter3】(この下線部分をクリック下さい)よりご覧いただければ幸いです。

■過去のChange Makerは、
・第1章(創業期)部分:2012年11月1日、11月9日、12月18日付けのブログで、
・第2章(黎明期~不良債権への取り組み)部分:2013年1月10日付けのブログで、
それぞれ発表しております。

【プロフィール】

中田朋宏(なかだ ともひろ)

早稲田大学政治経済学部在学中から株式会社レーサムにインターン勤務する中、その躍動感に惚れ込んで2006年4月に新卒入社。不動産私募ファンドの組成・運用から、テナント・建物管理業務の実務を経験し、2012年初より社長室配属となり、特命案件や採用活動も担当となる。「早起きは三文の得!」「脅されず踊らされず踊る」をモットーに、毎朝、先乗り出社で、日々自分の軸がぶれないよう心踊らせ業務に取り組んでおります。