• 沿革

    京都情緒を暮らすように楽しむ京町家の宿『たわら庵』11月開設

    京町家の宿『たわら庵』
    2016年11月20日に開設

    旅行者が住まうように長期滞在し
    春夏秋冬の京情緒を満喫頂ける拠点へ
    (京都市中京区富小路)

    本件は京都中心の俵屋町にある明治30年築の大規模な京町家を、遵法性を満たす快適な宿泊施設に転換する取り組みとなり職人の元自宅兼工房の開放感と、明治時代の施主と大工の心意気を受け継ぐ建具等の風情を最大限に生かしながら、京町家の伝統的な「住」機能の再生に努めました。
    おかげさまで行政や地元のご指導とご支援を賜り、熟練の大工や建築関係者、運営事業者の皆様の強い志と熱意に支えられた結果、奥行き50mの敷地に建つ大規模な京町家を、世界のグループ旅行者が京都の文化生活を暮らすように味わえる『滞在型コミュニティの宿』としての再生が実現しました。また本物件のオーナーが京都中心地にある我が家のように過ごすこともできる『京都別邸』としても活用できる複合型資産ということもできます。
    たわら庵は「東館」と「西館」の2つの宿泊棟から成り、これらを前庭、中庭、新設した奥庭でゆっくり仕切りつつ、これを通り庭で貫き、京町家伝統の「住」機能を再生しました。

    正面の東館では旧建物の増築で失われた「火袋」を復元、約5m高の吹抜けをもつ屋内通り庭を整備し奥へと続く屋外通り庭と合わせ余裕の共有部動線を確保しました。西館では職人作業場だった土間を、奥庭と一体化することで開放感ある「土間リビング」に転換しました。
    施設各所には京町家の風情と調和するように、必要最低限の最新設備も配備し利用者の快適な滞在を支えます。

    当社は今プロジェクトで獲得した知見が、今後日本の文化的資産の維持発展の一助となることを切に願っております。

    施設概要
    施設名:京都『たわら庵』 2016年11月20日開業
    所在地:京都市中京区富小路二条下ル俵屋町190
    (地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」徒歩10分)
    収容数:定員19名(東館10名、西館9名)
    竣工年:東館1897年、西館1932年
    (木造地上2階建)
    面積: 敷地約275㎡約83坪、延床約210㎡約64坪
    運営:株式会社京町家の宿
    http://www.machiya-inn.net/machiya/tawara-an.html
    当社は中長期に安定したリターンをもたらす資産運用商品としてユニークな宿泊施設の企画運営に注力
    『エンブレムホステル西新井』(2015年12月)
    『WeBase鎌倉』(2016年9月)
    の開設に続き、京都での滞在型コミュニティ宿泊施設の第一弾として京都『たわら庵』を開設しました。当社は同シリーズを引き続き展開して参ります。
    専門手術センター『東京ハートリズムクリニック』9月に開院

    『東京ハートリズムクリニック』
    2016年9月5日に開院

    高度医療特化の専門手術センター
    誘致の不動産資産運用商品を開発
    (東京都世田谷区)

    高齢化社会の進行に伴い、高度医療対応の既存施設での予約の取り難さや待機時間の長期化など患者側の負担は高り、また将来を担う若手医師に高度医療専門手術の経験を十分積ませられないといった医療提供側での課題も指摘されております。
    当社は高度医療の専門手術に優れた医師がより多くの患者に診察機会を提供し診療に集中できる専門クリニックを誘致できる不動産の開発を追究して参りましたが、日本不整脈心電学会認定の不整脈専門医である桑原大志氏とのご縁を機に、同氏が院長となられる専門手術センターを誘致した資産運用商品を開発しました。
    2016年まで院長の桑原大志氏は不整脈専門医として20年以上の診療の実績があり、カテーテルアブレーション治療件数は3千件以上、ペースメーカー植え込み件数は2百件以上に及び、最近5年間で実施したアブレーションの治療成績は、発作性心房細動の場合、1回のアブレーションを実施することで80%の患者様で治癒し、再発した20%の患者様も再度アブレーションを実施することで、最終的に90-95%の患者様にて心房細動が治癒しております。
    また東京ハートリズムクリニックには最先端の医療設備が導入されました。
    例えば、旧来64列に比べるとより速く細部まで検査可能な「320列面検出器を搭載したマルチスライス CT撮影装置」や、手術室には、カテーテル治療と外科的手術を併用したアプローチが可能となる「最先端のチルト機構付カテーテル 寝台を構成したX線Angioシステム」が導入されております。
    施設概要
    施設名称: 東京ハートリズムクリニック
    開院日: 2016年9月5日
    所在地: 東京都世⽥谷区粕谷3丁目20-1
    (京王線「千歳烏山駅」徒歩13分、バス4分)
    診療科目: 循環器内科(病床数16)
    院長: 桑原 大志 氏
    (日本不整脈心電学会認定 不整脈専門医)
    http://www.tokyo-heart-rhythm.clinic/
    当社はお客様一人ひとりと向き合い中長期に安定したリターンをもたらす価値創出に取り組んでおり、『東京ハートリズムクリニック』は高度医療に特化した専門手術センターを擁する資産運用商品シリーズの第一弾です。

    湘南鎌倉の自然文化を楽しむ拠点『WeBase 鎌倉』9月開設

    『WeBase鎌倉』
    2016年9月15日に開設

    コミュニティ・ホステル第2弾
    (神奈川県鎌倉市由比ヶ浜)

    鎌倉には手頃な宿泊施設が少なく、日帰り観光が主流です。当社は、鎌倉の自然豊かな山々、湘南の海、そして武家文化等の価値を世界の旅行者に存分に満喫頂く為には手頃な価格の宿泊施設が必要と考えました。そんな中、由比ガ浜海岸より徒歩1分の絶好なロケーションとの出会いがあり、早速、鎌倉の旅の拠点『WeBase鎌倉』を設け、同地の自然や伝統文化を楽しめるプログラムを豊富にご用意することとなりました。
    宿泊施設としてWeBase鎌倉はゲスト158名を収容、料金は一人当り朝食付きで約4~6千円が基本、インバウンド旅行者やファミリー、夫婦・カップル等、多様なニーズに応多彩な部屋タイプを用意、全ベッドにはドルミオ(イタリア製高反発マットレス)と羽毛布団も導入、快適な宿泊環境を用意しました。
    また、空間設計では京都造形芸術大学との産学連携により、同大学学生の皆様の斬新な発想と若いエネルギーが施設各所に織り込まれております。

    食事処のカジュアル・フレンチレストランBrasserieGent(ブラッスリーゲントではゲストに、新鮮な魚介や鎌倉野菜等の食材をショーケースから選択頂きシェフがお好みの調理法をうかがいながら各ゲストにオリジナルな料理を提供させて頂きます。さらにヨガスタジオAnotherWorld(20名収容)も併設、全国に21店舗を展開するスタジオ・ヨギーとのコラボレーションの本格スタジオです。

    施設名称:  WeBase鎌倉(ウィーベース鎌倉)
    開業日:  2016年9月15日開業
    所在地:  神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-10-7
    (江ノ島電鉄「由比ヶ浜駅」徒歩3分)
    http://we-base.jp/kamakura/
    ブラッセリーゲント(フレンチレストラン)
    https://www.facebook.com/Brasserie-Gent-ブラッスリー-ゲント-1051365824900498/
    当社が元企業保養所の取得を進め中長期の安定的な収入の様々な可能性を追究する中で、当地と同物件の潜在力を引き出す為に、約8ヶ月間をかけコミュニティ型ホステルへとコンバージョンを進めました。
    当社はお客様一人ひとりと向き合い中長期に安定したリターンをもたらす資産運用商品としてコミュニティ・ホステルの企画運営に力を入れており、2015年12月開設の『エンブレムホステル西新井』(東京都足立区)に続き、そのシリーズ第二弾として『WeBase鎌倉』の開設に至りました。当社は引き続き価値創出チャレンジに鋭意取り組んで参ります。

    世界の若者旅行者向け『エンブレムホステル西新井』12月開設

    『エンブレムホステル西新井』
    2015年12月24日開業

    滞在者や地元皆様の交流も図る
    コミュニティホステル(東京都足立区)

    東京足立区西新井駅の目の前、築29年ビジネスホテルを取得後、約4ヶ月でコミュニティ・ホステルにコンバージョン、家族や友人等とグループで世界を旅する若者(バジェットトラベラー)の好みに合わせ4人部屋を中心にゲスト数182名を収容できる日本最大級のコミュニティ型ホステル となりました。
    開業4ヶ月目の2016年4月にはベッド稼働率は初めて8割を超え、その宿泊利用者の約85%は欧米系を中心とした来日外国人となっております。
    現地では百数十人の外国人が常時往来するような状況となっており、地元商店街の飲食店を巡るツアーやお寿司作りや着物着付け体験会等、地元の皆様との交流も進んでおります。
    (地元お祭りに参加する宿泊者の笑顔)
    本プロジェクトは、日本社会が抱える課題解決に資する事業企画を追究してきた結果、まずインバウンド需要を長期安定収益化できる投資機会として、当社自らが事業主体として宿泊施設の運営・管理にもコミットする収益不動産の第一号案件です。
    平成27年3月期末より配当復活

    2015年:平成27年3月期末より配当を復活

    平成27年3月期末から1株当たり18円の配当を復活させました。

    平成28年3月期からは、業績連動の考え方に基づき、各年度の配当は連結配当性向20%以上を基本とした上で、当期純利益の状況に応じて配当額の支払に努めてまいります。

    『中期3ヵ年経営計画』発表

    2013年:中期3ヵ年経営計画を発表

    平成26年3月期を初年度とする3ヵ年の中期経営計画を策定しました。

    (予想数値)
    1期目:平成26年3月期
    連結売上高252億円 連結営業利益43億円

    2期目:平成27年3月期
    連結売上高360億円 連結営業利益69億円

    3期目:平成28年3月期
    連結売上高415億円 連結営業利益79億円

    グループ会社のグローバル債権回収株式会社が無借金化を達成。

    2011年:グループ会社のグローバル債権回収株式会社が無借金化を達成。

    新規採用を開始。大きな失敗を知見に変え、再び新しい挑戦を始める。

    2011年:新規採用を再開。大きな失敗を知見に変え、再び新しい挑戦を始める。

    2005年から2007年にかけて不良債権市場もバブル期が存在しました。この期間、レーサムも加熱する買取り競争に参加し、少なからず資本を傷付けました。特に買い取り資金を借入に頼る中、サブプライムローン問題やリーマンショックを経て計画通り回収が進まない状況が続きました。

    しかしながら、ようやくこの状況を脱する見通しがでてきました。また、縮小していた不良債権市場も、再度、拡大基調に入ろうとしています。これを機にレーサムは人材の採用を再開し、新たな体制で新しい挑戦を始めます。

    債務780億円を344億円へ。棚卸資産606億円を200億円で売却し400億円のロスを出す。

    2009年:債務780億円を344億円へ。棚卸資産606億円を200億円で売却し400億円のロスを出す。

    渋谷駅前にて飲食店『根室食堂』のインキュベーションを行う。

    2008年:渋谷駅前にて飲食店『根室食堂』のインキュベーションを行う。

    レーサムは、不動産の価値を高める鍵は“商売繁盛”だと考えています。この信念をもとに、自社で盛況なレストランを開く見込みがありながら、開店資金が不足している有望なレストランオーナーを探しました。

    その結果、根室市から毎日新鮮な魚介類を仕入れ提供している『根室食堂』のオーナーと出会い、レーサムの起業支援により渋谷駅前に開店しました。24坪のスペースながら、同規模店舗の中では日本でもトップクラスの売上を誇っています。同レストランには、北海道根室市から公式に感謝状が贈られました。

    新宿駅前にて1974年築、敷地面積306坪、延床面積2,780坪のオフィスビルを取得。

    2007年:新宿駅前にて1974年築、敷地面積306坪、延床面積2,780坪のオフィスビルを取得。

    高級会員制スポーツクラブ専用建物をユニークオフィスへコンバージョン。

    2007年:高級会員制スポーツクラブ専用建物をユニークオフィスへコンバージョン

    2007年3月には、高級会員制スポーツクラブ『パシフィックハウス』のフィットネスを目的とした専用施設を取得。そして、新テナント『MTV Networks Japan』用にスペースを賃貸するため、2008年1月に同社の日本本社となるオフィスへの改装を行いました。

    その際、レーサム独自のユニークなアイデアや専門知識をフル活用し、同不動産資産の質を極限まで高めることで、MTV Networks Japanの新オフィスは『2008年度日経ニューオフィス賞』の『日経ニューオフィス推進賞』を受賞するなど、市場から高い評価を得ています。

    原宿キャットストリートに1978年築、敷地面積445坪、延床面積886坪の商業ビルを取得。

    2004年:原宿キャットストリートに1978年築、敷地面積445坪、延床面積886坪の商業ビルを取得

    ゴルフ場の取得と事業再生(2008年 国内 四大メジャー大会である日本プロ開催)。

    2003年:ゴルフ場の取得と事業再生(2008年 国内 四大メジャー大会である日本プロ開催)

    日本のゴルフ場の多くは、債権者がゴルフ会員権の預託金債権者であり、経営難に陥ったゴルフ場の再生には困難を伴います。レーサムは、民事再生法の適用を申請したゴルフ場を経営する企業から営業譲渡を受け、『レーサム ゴルフ&スパ リゾート』として再始動させました。

    現在、『レーサム ゴルフ&スパ リゾート』は天然温泉やスパ施設、ゴルフアカデミー等のサービスを提供するとともに、2008年にはPGAトーナメント(四大メジャー大会の一つである「日本プロ」)を開催するなど、ゴルフ愛好家から高い評価を得ています。

    転借人に占有されていた物件を整理し、六本木の大型カラオケ&ダイニングビルとしてリノベーション。

    2003年:転借人に占有されていた物件を整理し、六本木の大型カラオケ&ダイニングビルとしてリノベーション

    大手銀行と同銀行の不動産子会社間で、複雑で法的な権利の問題から、元のリース契約では許可されていない転貸や転転貸が行われ、スペースのほとんどが転借人によって占有されていました。

    レーサムはこの物件を買い取り“マスターレッシー(賃借/転貸人)”との契約を打ち切るとともに、違反行為をなくすため関係当事者の法的権利および契約を修正。そのうえでビルの利用者と投資家を見つけ、本プロジェクトの資産価値を高め、賃貸契約と改築の指揮をとりました。本物件は現在、六本木の大型カラオケ&ダイニングビルとして利用されています。

    日本初の開発型証券化。

    2003年:日本初の開発型証券化

    破綻した大手生命保険会社より開発認可を取得した状態の更地を取得しましたが、収益性の低い開発プランだったため新たな開発プランを再策定し、地元や港区と再度合意を取り付けました。新たな開発プランでは、開発型証券化を前提に中堅ゼネコン2社による完工保証を低コストにて実施し、取得から約9カ月で開発型証券化のアレンジを実現。

    そして建物工事が始まる前、テナントが入居していない状態で、将来のキャッシュフローを前提に機関投資家から資金調達を行い、当時1%台の適用金利でノンリコースローンを行いました。

    IPO JASDAQ上場(証券コード 8890)。

    2001年:IPO JASDAQ上場(証券コード 8890)

    政府の不良債権処理策や、不動産投資信託(日本版REIT)の上場など、資産流動化の促進を受けて業容拡大の期待が高まっていた事もあり、上場日の売買代金は約153億円で、この日の店頭市場の売買高の約4割を占めた。

    日本初の国有地証券化。

    2000年:日本初の国有地証券化

    関東財務局が証券化を前提とした国有不動産の入札を実施、レーサムはマンションなど建物付きの不動産8件について、海外の投資銀行や国内の大手証券会社といった強豪を抑えて落札。日本初となる『SPC法(特定目的会社による特定資産の流動化に関する法律)』を活用した国有財産の証券化を実施しました。

    グループ会社のグローバル債権回収株式会社が、格付機関フィッチ社から、日本初のサービサー格付取得。

    2000年:グループ会社のグローバル債権回収株式会社が、格付機関フィッチ社から、日本初のサービサー格付取得

    レーサムが日本初の不良債権買い取りを行ってから、日本政府は債権管理回収業に関する特別措置法『サービサー法』を制定し、サービサーの免許制度が発足。そして、サービサーの債権管理回収能力に対する、第三者機関による客観的かつ総合的な評価がサービサー格付となります。

    レーサムは、米国投資家と米国のレーテッド・サービサーを株主としていたグローバル債権回収株式会社の株式を取得。同社はレーサムの連結子会社となり、2000年には日本企業として初めてスペシャル サービサー格付CSS3を取得しています。これはスペシャルサービサーとしての“完全な承認”を意味し、債権管理回収業務に習熟しているとともに投資家のニーズに応えることができるという評価となります。

    サービサー許認可は、16番目に取得しているにも関わらず、格付取得は国内大手、外資系投資銀行傘下の同業他社に先駆けて日本で最初に取得しました。

    当時、外資系は自国にて不良債権のプライシングを行なっていたため、プライシングシステム、債権管理システムを既に活用していましたが、日本の「借地借家法」「競売システム」「担保設定の状況」等、複雑に絡み合う状態を正確に反映する事が出来ず苦慮しておりました。

    一方、同業他社に先行し国内で独占的に債権の購入を行っていたグローバル債権回収は、システムが無いため、債権一明細毎に回収プランを作成しており、膨大なデータが実績として積み上げておりました。

    この膨大なデータ(実績)を基に、日本独自の事情に適したプライシングシステムを構築致しました。

    このプライシングシステムの正確性等が評価され、ベンチャー企業の当社の子会社であるグローバル債権回収が、日本初の格付取得を成し遂げることができました。

     

     

    日本初の不良債権取得。

    1997年:日本初の不良債権取得

    市況が低迷し、塩漬けとなった都心部優良不動産を再び流通・活性化させるためにはどうすればよいか? そのためには、不良債権とされる物件の流動性向上しかないとの判断から、自らが債権者となり機関投資家さえ尻込みする不良債権の担保不動産物件を購入。不良債権題解決のため、日本で初めて不良債権を買った会社となりました。

    当時は、サービサー法の施行前であったため、取得に際し多くの法的制限がありましたが、ローンパーティシペーション(貸出債権に係る債権者と債務者間の権利義務関係を移転・変更せずに、原貸出債権に係る経済的利益とリスクを原債権者から参加者(ローンの購入者)に移転させる契約)を活用する事で合法的な取得を成し遂げました。

    米国機関投資家との共同投資開始。

    1997年:米国機関投資家との共同投資開始

    米国を拠点とする世界的な機関投資家が日本で不良資産投資のパートナーを探していたところ、チャレンジ精神と新しいものに対する積極的姿勢からレーサムをパートナーとして選択。

    課題や問題があった時は互いの意見を率直かつ活発にぶつけ合うことで、様々なプロジェクトを通じ、互いに多くの成功と利益を手にしました。

    田中剛が「収益不動産の流通市場を創造する」ことを使命として会社設立。

    1992年:田中剛が「収益不動産の流通市場を創造する」ことを使命として会社設立

    1990年代初頭、不動産取引と言えば土地の売買が中心でした。土地を買って建物を建て、建物が古くなったらテナントに退去してもらい、建物を取り壊して土地を売る。これが不動産業界の常識でした。

    しかし、バブルが崩壊して金融が引き締められると、不動産事業者は不動産を売って借入返済を迫られるようになります。ところが、テナントが使用中の中古物件は買い手がおらず、不動産価格は下がる一方でした。

    このような中古物件の失われてきた価値を高めようと、古くなった部分は修繕し、空室であれば逆にテナントを付けて収益物件にする。そして、それらの物件を投資に対して様々なニーズをお持ちのお客様に提供し始めるサービスを始めました。