社員のコメント(代表取締役社長)

どんなに優秀な発明家が、仮に10個の発明品を生み出したとしても、そのうち商品化され、収益を生み出し、最終的に社会に普及する商品となるのは、多く見積もっても2~3個といったところです。 同様に、どんなに世界的に著名なベンチャーキャピタリストが投資を行っても、実際、十分な成長企業になれるのはそのうち2~3割に満たないものです。 そこで私は、当社の成長には2つの「優秀さ」が必要になると思っています。 ひとつめの「優秀さ」は、常に新しいものを創り続け、新規投資を進めていく発明家やベンチャーキャピタリストたち。 そして、もうひとつの「優秀さ」とは、発明家らが創出した全ての案件の成功を信じ、労を厭わず手を抜かず、常に精力的にやるべきことを、やり得るあらゆる方法をやり遂げ成果に結びつける人たちであると私は考えます。結果的に2~3個の成功商品しか生まれないながらも、10個全ての発明品の可能性を模索し、見定めや先読みすることなく実直に検討する。これは極めて業務効率の低い作業であり、一見、無駄と思われるかもしれませんが、その検討や作業の果実にこそ、成功の鍵となる本当の因果関係や本質があるからです。 この後者の「優秀さ」を不動産に敷衍して、テナント付けの非常に難しい物件へのリーシング担当者を想像するならば、今まで出会ったことのない100人、200人に勇気をもって提案し続け、面白いと言ってくれる経営者を発掘できる人か、あるいは、その物件をどう運用したら、どのようにデザインしたら…と自ら検討していく中で、新しい事業を考え出してしまう人のいずれかのみが当てはまると思います。 すなわち、彼らが全ての発明品を徹底的に製品化し、実際に直向に販売したからこそ、その商品が社会に何故受け入れられたのかあるいは受け入れられなかったという知見を得ることができ、結果として発明家にフィードバックすることで、次の成功商品・成功投資をもたらし事業は成長していくものだからなのです。 よって、発明家やキャピタリストを信じ自らを託し、売れる保証の無い発明品を商品化することに付き合ってくれる彼らもやはり優秀で、発明家らと対等に評価されるべきなのです。世の中の風潮は発明家らをより高く評価するきらいがありますが、私は、場合によっては、結果的に7~8割の失敗になろうとも常に全力を注ぎ込み、実直に本質を追究する人にこそ価値があり、より日の目が当たるべき優秀な人財であろうと考えています。 私は、そのような真の優秀さを備える両者が正しく対等に評価されて、高いレベルで互いを尊敬し合える企業にしていくべく、日夜社員一人ひとりと直接対峙し、一緒になって奮闘しています。

Read full story Comments are closed

社員のコメント(プロパティマネジメント部)

[プロパティマネジメント部] 空いた部屋に、入居者を募集するにあたり、まずは空いた部屋が、もしも自分の所有する部屋だったらどうするだろう、という立場で考えています。当然、自分はその部屋をなぜ購入したのかを理解する必要があります。そして部屋の現状を自分自身で見て、自分で掃除をして、どんな方が入居されるだろうと自分で考え、そうした入居者を見つけるための活動を自ら行う。仲介会社に物件を紹介するのであれば、仲介会社を訪問して担当者と会い、物件の魅力を説明し、自分のことも覚えてもらって、連絡網を維持する。直接、入居者を見つける方法も考える。入居者候補が現れたら、入居者に直接コンタクトをとり、どうしてこの部屋に入居したいと思われたのか、あるいは入居するのに相応しい方なのかどうかを感じ取る。この様な事ができる人を採用したいと思っています。 反対に、欲しくない人材は、現地に行かずに、書類、FAX、電話だけで良いと思う人です。あるいはお客様がどう感じているかを、感じ取れない、又は重要視しない人です。 結局は、部屋、テナント、不動産オーナー、社外の協力者、そして社内の仲間との間で、対話できる人であり、感じとれる人、そして信頼される関係を築こうと努力する人、そういう人を求めているとも言えます。      

Read full story Comments are closed

社員のコメント(不動産部)

[不動産部] 日々、物件の内覧をする中、その物件がもつ潜在的な価値を存分に発揮して、丁寧に管理されてきた物件に出会うと、純粋に、嬉しくなります。一度は、朽ちかけた物件でも、オーナーとテナントの強い想いが重なりあい、蘇った物件がその価値を維持している場合には、必ずと言っていいほど、「物件に対する想い」という絆のようなものが、オーナーとテナントとの間で通っていることを実感しています。 物件は、地域に存在しているものであって、一つの物件だけでは、地域の趨勢には逆らいきれない現実もある一方、地域はコミュニティであり、コミュニティは物件のオーナーとテナント、入居者の集合体であり、その思いの集合体が地域の思いであることから、当社も強い想いをもった継承者の一人であり続けたいと思っています。 継承者である以上は、その価値を紐解き、自らがその価値を実感できないのであれば、それを継承していく資格もありません。 建物の構造と現在の状況、管理の仕方と修繕の履歴、物件の間取りとそれぞれの賃貸借契約とその賃貸条件の変遷、区分所有権の場合は、管理規約の内容と過去の組合の議事録における規約変更の変遷、これらをつぶさに認識した上で、更に、物件の収益率や稼働率をアップさせるためには、それ以外に何ができるのか。新しい価値を見出すことはなかなか至難の業ではありますが、ひとつでも多くの物件において、これまで誰も気付いていない価値に気付き、新たな価値の発見者、且つ体現者としてありたいと思い続け、探し続けることが、新たな価値の発見への唯一の道であると信じて、これを実践しています。 具体的には、例えば、物件の1階のテナントがレストランであった場合の家賃の適正性について、当該レストランの客単価、回転数、実際に食事をしてみた実感としての食材原価率、それらを前提とした場合の売上高に対する家賃の比率、当該家賃比率の競合他店との比較は当然に行いますが、現在のテナントから退去通知が出ていない場合であっても、万が一、当該テナントが退去した場合の次のテナントの具体的な出店の意向とその背景までも、複数の生の声から収集することを日々の活動の中で実践しています。そうすることによって、現テナントの妥当性がさらに検証され、万が一の現テナントの退去に際しても、次のテナント誘致も可能となってきます。 これらの活動は、時に非効率ではありますが、強い想いをもった人々からの具体的な生の情報が価値につながり、結果的には、当社にとっても、オーナーにとっても、そしてテナントとの関係性においても、最も効率的、且つ効果的であることを日々の活動の中で証明してきています。 「不動産は、ひとつとして、同じものはない。」昔から、よく耳にするフレーズではありますが、これを素直に実践し、本当に価値に繋げているのがレーサムという会社です。そのためには、一に、すべからく事実を正しく認識し、二に、具体的な生の情報を自ら収集し、その上で、「実感」に辿りつくことが求められます。当たり前のことのようですが、この「実感」を「実現」したときに、晴れやかに、価値が現実のものとなる会社です。 時代は混沌としてきていますが、これからの世の中においては、むしろ、このような「実感」の「実現」を「やりがい」と感じられる価値観は、より大切になってくるものと思っています。そのような価値観をもった仲間と、存分に、共に、働いていきたいと思っています。  

Read full story Comments are closed

社員のコメント(営業部)

今、社会では人間力が求められています。仕事上の能力だけではなく、直面した課題に、いかに挑み、いかに価値を創造するかが問われています。だからこそ、粘り強い胆力こそが大切です。「歯を食いしばって、一歩また一歩、前へ踏み出す。」その不屈の負けじ魂で勝ち進むのがベンチャーの存在価値であると思っています。 レーサムの顧客は個人の富裕層です。このお客様の不動産にかかわる、ありとあらゆる声をお聞きし、お客様の資産運用にとって最大の価値を創出していくことが私たちの仕事です。別の言い方をすると不動産の資産運用に関するコンサルティングとも言えます。単なるポートフォリオをお客様に提示するだけの、ただのコンサルとは対極にあり、実際に不動産を動かし、お客様の目前にお約束したポートフォリオを実現し、目的達成の為に中長期に運用していく、プロフェッショナルの集団と自覚しています。 こんな風に言うとカッコよく聞こえるかもしれませんが、実際の私たちの作業は地道な作業が大半です。不動産の検証ひとつとってもエリア、構造、間取り、築年数から初期修繕、長期修繕計画作成、管理計画、違法物件の合法化、賃貸契約条件の精査及び見直し、募集条件精査など、あらゆる視点から物件価値の向上、維持、稼働率アップ、収益率アップを考えていきます。流行のリノベーションを実施することで、高い賃料の優良テナントを誘致につなげ、価値の向上をはかることもあります。ゼロから土地を購入し、類例のない不動産を開発することもあります。しかし、それらの作業全てに、手抜きがありません。机上ではなく、現場で考え抜き、足で築き上げたものでなければ通用しない厳しいものでもあります。 お客様から「レーサムのような物件は見たことがない」「レーサムの提案はユニークだ」と言われます。 2008年リーマンショックで多くの仲間がマーケットから退場していく中、なぜレーサムが生き残り、自力で蘇り、新たなる挑戦が許されているのか?その答えがここにあるのです。 この数年間の逆境は私たちを鍛え、賢くし、意識を向上させ、さらに強固にしました。レーサムは世の中の毀誉褒貶に決して左右されない会社に成長しました。お客様の為に自分たちが信じる道を愚直に歩んで行く会社へと進化しました。 1992年創業時、「不動産の再生。二次マーケットの創出」が私たちのテーマでした。今現在、「不動産の再生、再利用、リノベーション」は世の中の最大のテーマとなりました。いよいよレーサムの存在、ノウハウ、智慧が花開き、大きく飛躍するときと考えています。 「ポジティブに、世の中の変革を自ら考え抜き、行動し、仲間と共に成し遂げていきたい」そんな志のある若い方の力を私たちは大いに歓迎します。そして、共々の成長を願っています。 是非、自らの目と耳と足で確かめに、会いに来てください!お待ちしています!    

Read full story Comments are closed

採用情報

採用情報 代表取締役 田中剛 営業部 投資用不動産の販売について 不動産部 投資用不動産の仕入について

Read full story Comments are closed

お問合わせフォーム

専用フォームによるお問合わせ

Read full story Comments are closed

お問合せ先

お電話によるお問合わせ 不動産のご購入、その他のご相談について 営業本部  03-5157-8883 不動産の売却に関するお問合せ 不動産本部  03-5157-8876 不動産の管理に関するお問合せ プロパティマネジメント部  03-5157-8873 〔証券化等による運用商品、 不動産ファンドに関するお問合せ アセットマネジメント部〕  03-5157-8885 不良債権の流動化、及び、管理回収に関するお問合せ グローバル債権回収(株)  03-5510-2811 IR に関するお問合せ 管理本部  03-5157-8881 人財採用に関するお問合わせは、メールにてお受けしております。 採用担当メールアドレス:

Read full story Comments are closed

本社アクセス(車)

Read full story Comments are closed
本社アクセス(電車)

本社アクセス(電車)


Read full story Comments are closed

会社概要

   

Read full story Comments are closed
RAYSUM

reVALUE新たな価値

レーサムの不動産投資に関する知識・経験の集大成【+re VALUEサイエンス】を活用し、自らがオーナーとしてリスクを取りながら”+re VALUE”を実践してきたことで、お客様の資産はもちろん”街の活性化””社会の夢”といった新たな価値を創造していきます。

Read full story Comments are closed

フィロソフィー3

レーサム精神とは、光を象徴するRayと、到達点を意味するSumに向かっていく“探求心”のこと。 私たちは、この探求心を原動力に、世の中を変えていく青年企業です。 常に素朴な疑問を探求し、決して諦めることなく、価値について突き詰めていく。 そして、お客様の資産形成のため、真の価値を追究する。 この仕事を通じて、私たちはお客様との絆を深めていきます。

Read full story Comments are closed

フィロソフィー2

忘れ去りし時の中には、洞察につながるヒントが隠されています。 例えば、当社は江戸時代まで遡り、当時から現在までの都市計画や税制を研究する事で、現在にも通用する相続 対策スキームなどの新たな発見に繋がっています。 物語を巻き戻して過去を振り返り、早送りすることで未来を想う。 時間軸を行き来することで、未来の様々な可能性が見えてきます。 -----このレンズがレーサムの未来の市場です。 忘れ去りし時の流れの中から発掘し、豊富な情報量と経験に基づきながら価値を創造します。

Read full story Comments are closed

フィロソフィー1

レーサムはお客様のため、不動産が抱える矛盾を解決すべく、さまざまな本邦初の取り組みを行い、”新たな価値”を創造してきました。私たちは、ある時は”不動産再生工場”として、有るときは”世の中を変える存在”であり続けたいと願っています。これからも、レーサムはお客様の資産形成のため、”新たな価値”を提供し続けます。

Read full story Comments are closed