社員のコメント(営業部)

今、社会では人間力が求められています。仕事上の能力だけではなく、直面した課題に、いかに挑み、いかに価値を創造するかが問われています。だからこそ、粘り強い胆力こそが大切です。「歯を食いしばって、一歩また一歩、前へ踏み出す。」その不屈の負けじ魂で勝ち進むのがベンチャーの存在価値であると思っています。

レーサムの顧客は個人の富裕層です。このお客様の不動産にかかわる、ありとあらゆる声をお聞きし、お客様の資産運用にとって最大の価値を創出していくことが私たちの仕事です。別の言い方をすると不動産の資産運用に関するコンサルティングとも言えます。単なるポートフォリオをお客様に提示するだけの、ただのコンサルとは対極にあり、実際に不動産を動かし、お客様の目前にお約束したポートフォリオを実現し、目的達成の為に中長期に運用していく、プロフェッショナルの集団と自覚しています。

こんな風に言うとカッコよく聞こえるかもしれませんが、実際の私たちの作業は地道な作業が大半です。不動産の検証ひとつとってもエリア、構造、間取り、築年数から初期修繕、長期修繕計画作成、管理計画、違法物件の合法化、賃貸契約条件の精査及び見直し、募集条件精査など、あらゆる視点から物件価値の向上、維持、稼働率アップ、収益率アップを考えていきます。流行のリノベーションを実施することで、高い賃料の優良テナントを誘致につなげ、価値の向上をはかることもあります。ゼロから土地を購入し、類例のない不動産を開発することもあります。しかし、それらの作業全てに、手抜きがありません。机上ではなく、現場で考え抜き、足で築き上げたものでなければ通用しない厳しいものでもあります。

お客様から「レーサムのような物件は見たことがない」「レーサムの提案はユニークだ」と言われます。

2008年リーマンショックで多くの仲間がマーケットから退場していく中、なぜレーサムが生き残り、自力で蘇り、新たなる挑戦が許されているのか?その答えがここにあるのです。

この数年間の逆境は私たちを鍛え、賢くし、意識を向上させ、さらに強固にしました。レーサムは世の中の毀誉褒貶に決して左右されない会社に成長しました。お客様の為に自分たちが信じる道を愚直に歩んで行く会社へと進化しました。

1992年創業時、「不動産の再生。二次マーケットの創出」が私たちのテーマでした。今現在、「不動産の再生、再利用、リノベーション」は世の中の最大のテーマとなりました。いよいよレーサムの存在、ノウハウ、智慧が花開き、大きく飛躍するときと考えています。

「ポジティブに、世の中の変革を自ら考え抜き、行動し、仲間と共に成し遂げていきたい」そんな志のある若い方の力を私たちは大いに歓迎します。そして、共々の成長を願っています。

是非、自らの目と耳と足で確かめに、会いに来てください!お待ちしています!

 
 

Comments are closed.